フリーエンジニアが激務をこなすメリット

一般企業に勤めてエンジニアとして仕事をしていると、仕事の期日が近づくにしたがって残業することを余儀なくされてしまうことは稀ではありません。IT業界は世界的な競争が行われており、一分一秒を競っての技術開発が行われていることから、その競争に勝ち抜くためにもある程度無理をして仕事に努めなければならないという側面があるためです。
エンジニア側としても、残業手当が与えられることになるため、それなりのメリットを享受することもできるという側面はあります。
しかし、時間的に大きな拘束を受けてしまうことになるのは耐え難いときもあるでしょう。

そういった観点はフリーエンジニアにおいては状況が異なります。
フリーエンジニアとして仕事を請け負っている場合には、期日までに仕事を仕上げなければならないという点では同じになるものの、それまでの時間を自由に使うことができます。
勤務時間の設定自体がないため、毎日どれだけ仕事をしてもよいということになります。

しかし、何時間働こうと与えられる報酬は決まっており、24時間働いたところで残業手当が出るということもありません。
そういった観点からは、企業に勤めた方が激務をこなすことにメリットが感じられるでしょう。

ただし、成果によって報酬が変動する案件の場合で、納期が早いほど評価が上がる場合もあり、その場合には期日よりも早く仕上げるために長期間労働することに意義を見いだせます。
フリーエンジニアの場合には契約する案件によって、激務をするメリットの有無が決まってくるのです。