エンジニアのキャリアアップの考え方

エンジニアがIT業界の最先端でキャリアをあげていくためには、業績を獲得することが必要になります。その実現には参画しているプロジェクトを成功させるということが必須であり、どんなメンバーに恵まれるかやどんなリーダーに引っ張られていくかにも大きく影響を受けます。しかし、周りの人の力で達成されるのではなく、自分が寄与したことによって転機が生まれたり、士気が上がったりして結果としてプロジェクトがうまく動いていき、成功につながったとなれば理想的でしょう。
対外的にそれを示すことが難しくても社内評価は大きく向上し、社内でキャリアアップしていける可能性が高まるはずです。

一方、このようにして企業でプロジェクトに参入している場合には、そこで貢献度が不明瞭になります。そのため、ここ一番の優秀な人材をピックアップしたいというときに業績として決定打に欠けるところがあります。その点で有利なのが、フリーエンジニアで請負を行ってきた業績を示せるということは個人の能力があるということであり高い評価につながります。
ITベンチャーのプロジェクトリーダークラスとなるような優秀な人材の抜擢ともなれば非常に有利にはたらくでしょう。したがって、仕事の成果をあげていくことを通して企業に抜擢され、高いキャリアを目指すというのであればフリーエンジニアの方が有利とも言えるのです。
ただし、成功が前提にあることは忘れてはなりません。能力があるからこそ、それを示しやすい形でキャリアを積むのが将来的に役立つということなのです。